家をかえてから。

今の場所へ越してきてから、まず最初はアパートに住みました。
1LDK
の小さなアパートに夫婦2人で住んでいたのですが、たった2人で住んでいても満足は言っておらず、いつかマイホームが欲しいと思って頑張って貯金をしていました。

そして、約2年間、家を探していたのですが、やっと自分たちが欲しいと思っていた家を購入できることになりました。
家が手に入ることが決まって1ヶ月後に引っ越しが決まったのですが、私達も満足しただけはなく、その頃生後8か月だった息子も気分的に落ち着いたようです。

というのも、前に住んでいたアパートの近くには消防署があり、結構な頻度でサイレンを立てるので、それで息子は起きていました。
ところが、新しい家になってからはその音がしないので、夜泣きをしなくなるどころか、なんと12時間もぶっ通しで寝てくれて、親の私達もとても快適な生活を送れるようになったのが、今の家に引っ越した時の嬉しい想い出となっています。